読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dのしっぽ

レックウザメガバトル後からポケカを始めた弱小プレイヤー。ポケカについてダラダラ書いていきます。

【イベント】 1/14 ウェルカムフェスタ

こんにちは。SMシリーズ入って最初の公式大会であるウェルカムフェスタに遊びに行ってきました。大会の形式がゲームの方も関係してくるという特殊な大会でしたが、カードの方をメインに参加してきました。

自分はゲームの方はあまり得意ではないので、上位に行くことは不可能だと思っていましたがペアを組んでくれた友人がわざわざ個体を用意してくれたので一応ゲームの方にも参加しました。個体提供してくれた友人に感謝です。

最初は本気を出すバトルに参加。使用デッキはゲンガナンスルナアーラ

 

⚫本気を出すバトル

1戦目 ボルケニオン 4-6 ✕

コスモッグ前スタートら初手でルナアーラをプラターヌで全部切らざるを得ないと最悪の出だし。初手以降ドロサポを引けず、フラダリを連打されエネのついたゲンガーを処理し続けられて負け。

 

2戦目 Mミュウツーダスト 3-6 ✕

ナンス前スタートするも、初手でルナアーラ全切り再び。ルナアーラがなかなか立たない上、エネのついてるゲンガーをフラダリされ続けて負け。

 

3戦目 行進 6-2 ○

ナンス前スタートで相手を遅らせつつ、順等にルナアーラが立つ。ゲンガナンスで回してバケッチャを狩り、最後はルナアーラで詰めて勝ち。

 

4戦目 ブラッキービークイン 4-6 ✕

序盤お相手事故のようで、流れをつかみ優位たつも後半ブラッキービークインにゲンガーを落とされて、捲られ始める。ブラッキーミュウツーのバーストボールで落とすためにルナアーラを壁にしてミュウツーをベンチに出すも、フラダリで引っ張られビーリベンジで落とされる。最後はダメージ負ったルナアーラ落とされて負け。

 

 

4戦目が終わった所で並び直しても時間的に対戦が無理そうだったので、ウェルカムバトルの方へ。使用デッキは同様。

 

 

⚫ウェルカムバトル

1戦目 Mサナ(ディスペアーレイ) 6-3 ○

ナンス前スタートで相手を止めつつ、後ろを準備。ゲンガナンスで相手を削り、終盤はルナアーラを前に出してまんくすで戦線を維持して順等に勝ち。

 

2戦目 闘 6-3 ○

初心者の小さな子。ゲンガナンスで回して、ルナアーラでしめて勝ち。

 

3戦目の途中で試合終了のコールがなり、3戦目の勝敗は出ず。午前中の戦績はかなり酷いものでした。プレイングが拙いのもありますが、引きの悪さが尋常では無かったです…。

 

 

午後は最初にゲームの方に参加、2連勝した所で負けてしまったのでその後はワンデイバトルに参加。使用デッキは同様ですが、結果のメモを取り忘れたので詳細はないのですが結果としては1勝2敗。2敗のウチの一つは、Nを4回打ってもエネが引けず、山札残り5枚の内の3枚どれかを引けばまだ勝ちに繋がる場面でそれも引けずと本当に引きが悪く、自分が情けなくなりました…。

進化デッキは事故りやすいのは承知ですが、構築を見直すべきなのでしょうか…。

 

今回の結果は散々でしたが、これをバネにして上を目指して行きたいです。2月の大阪大会の抽選も通ったので、大阪へ向けて日々精進ですね。

【イベント】 1/8 BATTLE X ROAD

あけましておめでとうございます。年末年始中々ポケカする機会がなかったのですが、8日を何とか予定を開けて大型公認自主大会「BATTLE X ROAD」に遊びに行ってきました。

 SMシリーズ入ってからジムバトルに行けていなかったので久々の大会ですね。事前予選には参加出来ていなかったので、最終予選であるLCQから参加。使用デッキはゲンガナンスルナアーラ、対戦簡易レポです。

 

LCQ

1戦目 ブラッキーブイズビーゾロ 4-6 ✕

 

2戦目 白レック 2-6 ✕

 

3戦目 ブラッキー悪 5-6 ✕

 

 4戦目途中で終了コールがなり、午前中は3試合。相性不利なデッキと多く当たったのもありますが、回し慣れていないのとプレイングの稚拙さで午前中は全敗。

 

 午後のハットトリックバトルも同様にゲンガナンスルナアーラを使用。

 

1戦目 ボルケニオン 6-5 ○

 

2戦目 ボルケニオン 6-4 ○

 

3戦目 ゲンガナンスルナアーラ 4-0 ○

 

午前中とは打って変わってマッチ運好調でデッキもブン回り、3戦全勝。2つ目のリングを取ることができました。

まだまだSMから組んだ新しいデッキを上手く扱えていないので、今週末のウェルカムフェスタに向けて練習しないとダメですね…。

 

バトクロに参加した感想しては、思った以上にブラッキーGX入りの構築が多いように感じた反面、ラランテスやゲロジュナの数が少ないように感じました。また、XYから存在したデッキタイプでは白レックや行進も一定数いました。

ブラッキーは最近数を増やしつつあるルナアーラ入りの構築に強く、エフェクトを付与することで多くのデッキの弱点を突くことができます。中打点ですが、盤面さえ整えば多くのデッキに有利に立ち回れますね。

ラランテスは基本的に環境に一定数いるボルケニオンに勝てず、ゲロジュナは1戦にかかる時間が長いため、今回の環境に少なかったと思われます。

レックは現環境にいる多くのGXデッキに強いのと1戦にかかる時間が少なく済み、行進はその白レックボルケニオンに強いため一定数いたのではないでしょうか。

環境的に様々なデッキが混在し、面白い環境になってると思います。ウェルカムフェスタではどんなデッキが活躍するのか楽しみです。

【その他】ルガルガンGXは強いのか

こんにちは、ポケモンカードもサンムーンシリーズに突入して新しい環境が着々と出来上がってるみたいですね。自分も新しいカードプールで楽しんでます。

そんな中、新システムであるGXポケモンの中にあるカードが登場しました。

 

12月発売の月刊コロコロコミックの付録で、「ルガルガンGX」入りのイワンコ全力デッキを手に入れろ! | ポケモンカードゲーム公式ホームページ

 

コロコロコミック付録にデッキが丸ごと付いてくる、ヤバいですね。そんな付録デッキの目玉カードが「ルガルガンGX」。公式HPで告知があってから、Twitter等で強いのではのような声が見受けられましたが、僕はそうは思っていませんでした。ただ、何故「ルガルガンGX」が強いと思えなかったのか理由が明確でなかったので、色々考えたその結果をメモ程度に纏めておきます。参考ぐらいになってくれたら嬉しいです。

 

〇ルガルガンGXの強い点

・闘タイプである

専用サポートカードが強い闘タイプなのが一つ目のメリット。1進化ポケモンですが、コルニでサーチ出来るため進化ラインが揃わないという事故が起きにくいのは良い点ですね。

・HPが高い

GXポケモンは既存のEXポケモンと比べてHPが高く設定されています。今まで高いと言われていたジガルデEXのHP190を超えるHP200。HPが200代なのは強みではありますが、ジガルデEXには闘魂のまわしが対応しており、ルガルガンGXは基本的に1ターン目はHP60のイワンコで過ごさなければいけないため、どちらが一概に良いとは決めきれませんね。

・エフェクトが乗る

ルガルガンGXは1進化ポケモンとして扱うため、バンデットリングに収録されていたブイズ達のエフェクト特性の対象になります。弱点を付ける範囲が広がるのは強みの一つですね。

・GX技が存在する

今までの闘ポケモンもストロングエネルギーやファイティングスタジアムなどでパンプする事で高打点を出すことが可能でしたが、ルガルガンにはGX技が存在しスペックは3エネ200点と1試合に1回しか使えないとはいえ破格。もちろんストロングエネルギーのパンプも乗るため、新たに登場した高いHPを持つGXポケモンを一撃で葬ることも可能です。

 

〇ルガルガンGXの弱い点

・1進化ポケモンである

今までの闘デッキでは単体性能の高いたねポケモンで1ターン目(後攻なら2ターン目)から攻撃しながら、コルニでその場で適切なグッズを持ってくるという戦い方が主流だったと思います(メレチャーは別ですが…)。対してルガルガンは1進化ポケモンであるため、攻撃態勢が整うまでに1ターン要します。進化ポケモンであるため、闘魂のまわしにも非対応で初ターンにHPを200代にすることも出来ません。また先程述べたように初ターンはHP60のイワンコで過ごさなければいけないため、その点はデメリットと言えると思います。

・2エネワザの威力の低さ

これまでの闘デッキのメインアタッカーとなっていたルカリオEXやジガルデEXは、2エネで60ダメージでありストロングエネルギーなどと合わせて2エネで100ダメージなどを叩き出す事が可能でした。しかし、ルガルガンの2エネワザの威力はたったの30。追加効果の確定エネルギー破壊は相手のテンポを削ぐことが出来るので強力ではありますが、現環境に存在するデッキの多くは1エネで起動したり、エネルギー加速や回収の手段を持っているものが多いためエネ破壊が刺さると言えるかは微妙だと思います。3エネワザはルカリオジガルデを上回る120ですが、基本的に3エネワザは2エネワザでビートした後にフィニッシュする時に程度しか使わないため、威力が高いメリットは少なく感じます。

 

 

 メリットの方が多く書いてありますが、実際に回してみるとメリットを覆す程デメリットの方が強く感じました。今までの闘のようなビートダウンの形も取りにくく、かといってメレチャーのようにエネ加速しても爆発力に欠けるため、従来のどの闘とも異なる立ち回りや戦術が要求されそうです。上手く使える戦術とかデッキあったら教えてください()。個人的にはポケカの新要素を学べる初心者向けのスペックかなぁ〜って思いました。(小並感)

【その他】インペリアルマンモス杯 結果報告

お久しぶりです。以前告知していたインペリアルマンモス杯の大会結果の報告記事です。

 

【優勝】 らいとさん  (エイラビショップ)

 
f:id:dteiru:20161212160710j:image

【準優勝】 レオンさん (エイラビショップ)

 

お二人共複数のデッキ申請をしていましたが、決勝戦3試合で使用したのはお互いにエイラビショップのみでした。

決勝戦は一進一退の攻防が繰り広げられ、大会名通りマンモスが活躍するワンシーンも。拙い解説をしていましたが、試合はとても見応えがありました。優勝したらいとさん、おめでとうございます。

 

TS1戦目:http://live.nicovideo.jp/watch/lv284187207?ref=community

TS3戦目:http://live.nicovideo.jp/watch/lv284194321?ref=community

(2戦目はガバって放送できませんでした、許して)

 

以下簡単な本大会の環境と考察になります。

 【リーダー分布】

総デッキ数 … 39

 エルフ (3)

・冥府エルフ(3)

ロイヤル (2)

・御旗ロイヤル(2)

ウィッチ (12)

・超越ウィッチ(6)

・冥府ウィッチ(3)

・土ウィッチ(3)

ドラゴン (9)

・フェイスドラゴン(2)

・ミッドレンジドラゴン(7)

ネクロマンサー (1) 

・デスタイラントネクロ(1)

ヴァンパイア (4)

・アグロヴァンプ(4)

ビショップ (19) 

・エイラビショップ(14)

・疾走(4) 

・純陽光ビショップ(1)

 

使用率No.1は圧倒的大差を付けてビショップ。マンモスの高スタッツを生かしやすい「守護の陽光」や「エイラの祈祷」があるのが要因の一つですね。

No.2は3位と僅差でウィッチ。デッキルール的にアグロデッキが使いにくい環境であったので、他のコントロールデッキに強い「次元の超越」入りが多く見受けられました。

NO.3はドラゴン。PPブーストのお陰で、マンモスや他の高コスト高スタッツが投げやすいのが要因でしょうか。

冥府系は「新たなる運命」によってマンモスをディスカードする事が出来るので、一定数いたと思われます。

 

大方自分の予想していた環境になりましたが、ロイヤルやアグロヴァンプがいたのが意外でした。中にはデスタネクロといったデッキも。それなりに面白い環境になっていたと思います。

 

 

 

 以下ちょっとした裏話的なやつです。

・ルールのニュートラル、ゴールド、レジェンドの枚数制限。

 マンモスが出来るだけ活躍出来るような環境にしたかったためです。最初はニュートラル10枚制限のみにしようと思っていたのですが、そうすると冥府エルフが冥府+運命+マンモス+何か1枚で条件を満たしてしまい(冥府エルフを握ったことがないので4枚枠を開けるのが難しいのか分かりませんが)、普段より少しだけパワーの落ちたデッキで戦えてしまう、と思ったのでゴールドとレジェンドの方にも枚数制限を設けました。結果としてエイラビショップが圧倒的多数になってしまったのでもう少し上手いルール調整案があれば教えてください()。ゴールドレジェンド合計4枚とかの方が良かったかもしれないですね。

 

・禁止カードについて

理由は上と同じです。最初はセラフだけでええやろ、と思ってましたがよく良く考えたらサタンもヤベェってなったので禁止にしました。サタンの存在は言われるまで忘れてました()。アイツ環境にいないし…(小声)

 

・デッキは3つまで

単純に俺が色んなデッキを見たかったのと、環境一色になるのを避けたかったためです。

使用可能デッキが一つだけだと環境が一色になりやすいと思ったので、トップメタに強いデッキも握れて対策を取れる、1戦目の結果を反映してデッキ選択でも戦術の読み合いが発生して面白い、と思ったので使用可能デッキを三種類までとしました。せっかく3デッキ握れるなら予選をブロック形式にした方が良かったかなーって今思ってます。

 

くだらないルールの大会で10人ぐらい集まればいいかなー程度に思っていたのですが、まさかこんなにも人が集まってくれるとは思いませんでした。わざわざ参加したい!とフォロー外からも声を掛けてくださる人もいて、本当に嬉しかったです。

拙い運営とルールでしたが、たくさんの人に参加していただき本当に感謝しています。大会に参加してくださった皆さん、お疲れ様でした!

気が向けば第2回も開催したいなー、と思っているのでよろしければ参加してくださると嬉しいです。

これにてインペリアルマンモス杯を終了とさせていただきます、本当にありがとうございました!

【その他】shadowverse インペリアルマンモス杯

※知り合い・身内向けの記事です、ご了承ください。

 

シャドバでクソルール大会開きたいと思ってたんで開きます。シャドバ大会運営は初なんでルールとかガバガバになると思いますけど許してください何でもしますから。

 

大会名【インペリアルマンモス杯】

募集期間:11/4(金)~11/11(金)ぐらいまで

デッキ申請期間:11/11(金)~11/13(日)予定

対戦期間:11/14(月)~対戦者同士で話し合って決めてもらいます(PCLみたいな感じです)

優勝賞品:Googleplayカード or iTunesカードの一番安いの

参加費:(参加してくれるだけでありがたいので)ないです

 

○ルール(追加、変更される可能性アリ)

・デッキ内にインペリアルマンモスを3枚必ず入れる。

・デッキ内にニュートラルカードを10枚以上必ず入れる。(インペリアルマンモスを含む)

・デッキ内にゴールド・レジェンドカードは合計6枚まで。入れられる種類の制限は無しです。(例:冥府2,運命3,リノセウス1)

・使用禁止カードは「封じられし熾天使」と「サタン」です。マンモスで殴りあってください。

・大会で使用出来るデッキは3つまでです。

・大会中のデッキ内容の変更は禁止です。

・一応不正ないか確認したいんで、募集期間終わったら使用デッキのスクショ取って僕のTwitterにDMで送ってください。

 

・大会形式はトーナメントシングルエリミネーション形式で、試合は2本先取形式。

・試合毎のデッキ変更は可。

・勝敗はゲーム画面の表示に従ってください。通信切れて負けたら負けです、通信環境のいい所で対戦してください。

・通信切れて勝敗がつかなかったら対戦者同士で話し合って再戦なり勝敗決定なりしてください。揉め事にして対処を僕に求めてきたりしたら面倒なんで基本的にどっちも失格です。仲良く話し合ってください。

・試合結果報告は勝った人が僕のTwitterにリプで送ってください。

・こんなクソ大会で不正する人はいないと思いますけど、デッキルールとか破ったり不正したら負けです。ルールを守って楽しくデュエル。

 

○参加申請

基本的にオンライン対戦で赤の他人同士だと面倒事起りやすいと思うんで、僕と面識があるorTwitter相互フォローor僕と面識のある人の知人の方に参加限定させてもらいます。また相互フォローであってもあまり関わりの無い人だと参加拒否するかもしれません。基本しないと思いますけど。参加したい人はTwitterでリプ送ってください。

 

クソみたいな大会ですけど参加してくれると嬉しいです。

 

【参加者】(敬称略) ○はデッキ提出済

・おけ ○

・やや ○

・にえんて ○

・リリネスク ○

・カズマ ○

・モッカ ○

・篁伊織 ○

・おさじ ○

 ・ちょくる ○

・はるさめ ○

・がらすぃ ○

・さむらい ○

サルトル

・らいと ○

・もみじ ○

コランダム

・ハルート ○

・イマイチ ○

・らぎゅ ○

・レオン ○

【ジムバトル】11/3 トレカE

久々に予定が噛み合い、11月から参加賞が新規プロモだったので地元のジムバトルに参加してきました。

参加者は14人、使用デッキはギラゼルネマンダ。簡易レポです。

 

1回戦 ギラゼルネマンダフレフワン 4-6 ✕

 

2回戦 レインボーフォース 2-6 ✕

 

3回戦 白レック 6-0 ○

 

4回戦 ボルケニオン 6-2 ○

 

 

結果:圏外

 

結果はイーブンでしたが参加賞で欲しかったギラティナが引けたので良かったです。久々にジムバトルに参加しましたが、やっぱり色々な人と対戦するといい刺激になりますね。

対戦してくださった皆さんありがとうございました。

【その他】 10/30 Mしっぽ杯 in 明大祭 結果報告

10/30に行った公認自主大会の結果発表になります。簡単にデッキをまとめておきますのでご参考までにどうぞ。

 

【入賞者】(敬称略)※デッキ名は使用者の記入通り掲載しています。

優勝:おさじ(ボルケニオン)

2位:あるきめんです(Mサーナイト)

3位:ヒサシ(ライコウマルマインミロカロス)

 

【デッキ分布】※一部まとめています。

ゲッコウガ系(6)

ゲッコウガ(1)

・アローゲッコウガ(1)

ゲッコウガスターミー(2)

ガマゲロゲゲッコウガ(1)

ゲッコウガマナフィ(1)

 

○闘(3)

・欲張りジガルデ(1)

・闘ダストダス(2)

 

ボルケニオン(2)

 

ライボルト系(3)

・ライボリーフィアサンダース(1)

・ライボダストダス(1)

・イベライボダスト(1)

 

○白レック(2)

・白レック(1)

・鋼白レック(1)

 

サーナイト系(2)

・Mサーナイト(1)

・デュアルMサーナイト(1)

 

ライコウマルマイン(2)

ライコウマルマイン(1)

ライコウマルマインミロカロス(1)

 

オーロット(2)

 

○その他

シャンデラナンス(1)

・レインボーフォース(1)

・Mジュカイン(1)

リザードンファイアロー(1)

・Mタブンネイベルタル(1)

・WTB(1)

 

オフシーズンに入ったので様々なデッキが見受けられましたが、ゲッコウガが他と比べて多かったですね。ゲッコウガも様々なパターンが使われていたようです。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。